7月5週目fx相場分析

来週の相場分析を掲載します。

 

はじめに

見方としては、月足が青、週足が赤、日足がオレンジ、4時間足が黄緑色でラインを引いています。

太線、実戦、破線で特定の動きが出た際に仕掛けます。また、同一色の点線の間は同一タイムフレームあるいは一つ下のタイムフレームで特定の形がでれば仕掛けています。また、仕掛ける際は、RSIである程度のスクリーニングをかけてエントリーをしています。

ドル円

先週と同じくショートを狙いたいと考えています。一応、日足の強いラインに対して、ピンバーは出来ていますが、このピンバーは4時間足などで見ればわかると思うのですが、急騰後に、だらだらと下げてレンジになっている状況です。こういうう場合は、4時間では、レンジが押しになり上げていくことが多いです。なので、このピンバーに関しては見送ります。引き続き1時間以上でいい形がでるまでは待ちたいです。

 

ドルスイス

ドルスイスも先週に引き続きショートを狙います。現在は仕掛けたい形ではないので待ちます。

 

ポンドドル

先週に引き続きショートを狙います。赤ライン下抜けするか、1.246か1.251くらいまでの戻しがでて形が良ければ仕掛けます。

 

豪ドルドル

先週は特に仕掛けたい形でなかったので見送っていましたが、今週はショートを狙っていきます。オレンジか黄緑ラインでのショートを狙います。ここから月曜オープンでショートをうっても根拠的には矛盾はしないのですが、月曜の朝は方向感がないため、私的にはこの時間に優位性を見出すことができないため、せめて、ロンドンかニューヨーク時間まで待ってショートを仕掛けます。

 

ユーロフラン

先週に引き続きショートを狙います。ドル円の項でも書きましたがこのピンバーの成り立ちは急騰後のだらだらとした下げによるものなので、だましと判断し、仕掛けません。他のいい動きが出るまで待ちます。

 

ユーロ豪ドル

先週に引き続いてショートを狙います。まだ、反転するかはわかりませんが、もし反転したら、戻しが深いので、大きく狙えると期待しています。

 

ユーロ円

今週もショートを狙っていきます。こちらももし戻したら戻しが深くなりそうなので、大きく値幅が狙えそうです。

 

ポンド円

今週もショートを狙っていきます。週末になってようやくいい形がでたので、先週はショートをうちました。

今週も黄緑ラインまでの戻しからショートを仕掛けていきたいと考えています。

 

豪ドルスイス

先週、抜けたほうについていくと書きましたが、無事抜けたので、ショートでしかける局面だとみています。ただ、そこまで、きれいでないので、優先度は低いです。

 

ポンド豪ドル

ショートで見ていますが、正直、オレンジの点線の間か赤の点線の間で反応するかもしれないというレベルの戦略しかありません。ゆえに優先度は低いです。

 

ユーロニュージードル

ショートを狙っています。形が出るまで待ちたいと思います。

 

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です